社員インタビュー

自動車ソリューション部 本間 誉子

本間 誉子

自動車ソリューション部

2007年入社

様々な人に出会い、成長できる業界


大学在学中は国際政策を学んでおり、将来は海外と取引のある企業に就職したいと考えていました。様々な説明会に参加を致しましたが、企業研究を進めて行く中で、「多くの業界・人々と関わる事ができ、私たちの生活の根幹を支えられる仕事に携わりたい」と思うようになり、物流業界に興味を持つようになりました。
物流業界と一言で言っても、フォワーダー・キャリア・倉庫業等、様々な切り口がありますが、輸送手段を組み合わせてお客様にご提案を出来るといった点で、より多くの方と共にお仕事が出来るのはフォワーダーなのではないかと思い、特に強く志望していました。
中でもMCLOGIは、三菱グループのスケールの大きさに加え、少人数であるからこそチーム内での情報共有がしやすく、お客様にきめ細かな対応が出来る事、また若手へのチャンスが豊富である事に魅力を感じました。
取り扱う事の出来る案件の規模だけでなく、地域や業務範囲の広がりといった意味でも、大きな可能性を秘めていると感じ、入社を決めました。

プレッシャーを乗り越え挑んだ海外駐在


2016年の12月より約一年間、MCLOGIのインドネシア拠点に駐在を致しました。
赴任前から携わっていたプロジェクトを核として、インドネシアにて会社を立ち上げる事になった経緯もあり、担当ビジネスを軌道に乗せる事が大きなミッションとなっていました。
駐在のお話を頂いた際は会社員として非常に光栄でしたが、その反面、自分が良い結果を出せなかったり、生活の安全面で問題があった場合、今後女性職員が駐在する機会を遠退かせてしまうのではないかというプレッシャーがありました。一方で、私が東京でプロジェクトを進めていた際に携わっていたインドネシアのナショナルスタッフと、現地で一緒に汗を流してミッションを成功させたいという思いもありましたし、海外ではお客様や起用先の経営層と直接お話をさせて頂ける機会も多く、ダイナミックな視野でビジネスを捉えられる貴重な機会だと思い、駐在を決意致しました。

選択肢豊富な女性の働き方


現在はどこの企業でも産休・育休制度が整っているかと思いますが、MCLOGIでは実際にその制度を利用し、仕事に復帰する女性が沢山います。時短勤務等も可能ですし、家庭との両立もしやすく、働きやすい環境なのではないかと思います。
キャリアの積み方は人それぞれですが、担当業務や責任において男女で異なる点は少なく、女性でも部長・リーダー・案件総括等のポジションで活躍されている先輩方が多くいらっしゃります。
結婚や出産といったイベントは男性と比較して、女性の生活面に与える影響が大きいかと感じますが、自身に合った働き方の選択肢は豊富です。





さらなる成長に向けて~皆様へのメッセージ~


時代が変化するにつれ、お客様の生産拠点や主要マーケットも移り変わり、それに合わせて「物流」に求められる事も変わっていくため、私たち自身も日々進化をしていく必要があると思います。MCLOGIの商材別組織編成を活かし、それぞれのお客様や国に合ったご提案をして、少しでも多くの方々に貢献をしていきたいです。
また、インドネシア駐在にて培ったノウハウを活かし、国内外問わず、大きな視点で会社の在り方を考えて参りたいと思います。
就職活動期間中は、多くの業界や企業を知る事で社会の仕組みを知る事が出来る絶好の機会です。その業界に進まなかったとしても、就職した後に、関係する事も大いにあり得ますので、広い視野で業界や企業を見てみると良いかと思います。


他の社員インタビュー