社員インタビュー

MCLOGI-THI(タイ) 大谷 周平

大谷 周平

MCLOGI-THI(タイ)

2015年入社

生活基盤を支える業界の魅力


大学時代は流通情報工学科に所属をしており、倉庫内のピッキング作業効率化やサプライチェーンマネジメントの最適化等、ロジスティクスに関する勉強をしていました。普段普通に生活をしていると、物流の存在を意識する機会は少ないですが、物流があるからこそ私たちの生活は成り立っていると思います。大学でロジスティクスについて学んでいたという事もありますが、世界の生活基盤を支えているといった点で、国内外問わず活躍をする機会があるのではないかと思い、就職先は物流業界を中心に見ていました。その中でもMCLOGIは、国内倉庫業と国際輸送にそれぞれ強みを持つ会社が合併して設立された背景があり、輸送や保管といったコア業務以外にも多種多様な機能を融和させた複合一貫輸送サービスを展開している事から、物流の中でも様々な業務に携われるのではないかと考え、入社を決めました。

成長を感じられた現場での業務


入社後は約1か月半の研修を受けたのち、倉庫現場配属となり、アパレルメーカーの店舗出荷管理を担当しました。具体的には入荷、保管、流通加工、出荷等の各工程のオペレーション業務を管理して、倉庫現場での作業効率化に向けて改善を行いました。原料調達から製造を経て販売までの長い道程において、倉庫における店舗出荷は最後の工程になります。お客様からみれば自社商品の販売現場に直結する重要なポイントで、刻一刻と変化する売れ行きにあわせて、タイムリーに出荷する商品や量をコントロールしなければなりません。このため、倉庫の店舗出荷は通常のオペレーションに加えて、緊急出荷やトラブル対応等が日常的に発生しますので、今やるべきことを整理し、優先順位を付けて冷静に対処する事が非常に重要です。倉庫現場では自分の指揮によってヒトやモノがダイナミックに動きます。局面で自分がどのような判断を行うかにより結果が大きく変わってくるのです。このような環境に身を置くことにより、入社2年目の春には、常に全体の動きを把握し、それぞれの業務に与える影響や範囲を考慮しながら、作業の流れをコントロールできるようになってきました。自信がつくとお客様や協力会社の方との交渉や連携もよりスムーズになり、この段階では、自分が物流を動かしている実感を持てるようになりました。実際に作業をしている場面を毎日見られる環境にあるからこそ、作業費用、人件費等に関する交渉の際に説得力が生まれ、お客様に納得して頂ける提案ができるのだと感じています。現場での業務と言っても、倉庫の中だけの仕事では収まらず、車両手配、商品検査手配、マテハン機器手配、外部との単価交渉等、多岐にわたります。これらの業務を最初から最後まで、自分自身で行うことで、判断力、費用削減意識、スケジューリング、進捗確認等の感覚が身についたと感じています。

更なる現場改善に向けた取り組み


現在は、大阪にある倉庫拠点にて、同じアパレルメーカーの担当をさせて頂いています。基本的な業務内容は変わりませんが、以前の経験と知見を活かし、よりさまざまな業務改善を行っています。多くの荷物を扱う物流倉庫は、いろいろな仕組みでオペレーションが組まれており、正確に多くの荷物を素早く処理し、指定の場所に届けられるよう出荷をしなければなりません。自身が提案した倉庫内の在庫管理の手法やオペレーションの効率的な手法等を実行したことで、成果が数字に現れた時はとても嬉しいですし、やりがいを感じています。

仕事のやりがいと将来目指す姿


私が感じている仕事の面白さは、チーム全体でイレギュラー対応に関する知見を出し合い、仲間と共に解決できるという点です。倉庫現場で働き始めた頃はトラブルが起きると不安に感じる事が多かったですが、今は起きたトラブルを現場が一体となって解決していく事に大きなやりがいを感じています。
狙い通りの結果が出ずに大変だと感じる事もありますが、日々の積み重ねが倉庫運営ノウハウのストックとなっている事を、業務を通して実感しています。
この倉庫運営のノウハウをこれからの自分の成長を支える土台にして、将来的にはお客様の物流プロセス全体に携わり、国内外問わず幅広いフィールドで活躍できる物流マンになりたいです。

他の社員インタビュー